=Ⅲ 南予のまつり/牛鬼

◆◇◆◎四国地方は梅雨明けしました。
    大雨の被害を受けた皆様 お見舞い申し上げます◆◇◆

◆◇◆高校野球=ウルトラマン ももこ ならびに さくら母の母校が
           逆転勝ちし ベスト8に勝ち進みました◆◇◆
a0061206_2161477.gif


a0061206_2032285.jpg■さくら新聞=南予の祭り/牛鬼まつり牛鬼まつり7月22日~24日












私が子供のころ 牛鬼の事を『うしょうに』 とか 『うしょうにん』と言い なんとも怖い 存在だった~~~~。
       『ぶ~~ぶ~~』
  という 低い竹笛 (カイ・竹ボラ)の音が聞こえてくると
   『うしょうにん』が近づいてきた合図・・・・
a0061206_2091083.jpg

    ↑【3体揃った きさいやロード入り口】

牛鬼が怖い私は 押入れの中に 逃げ込んで隠れたものだった・・・

髪の毛はかなり長く 頭の左右には 一対の 太い角がある。
胴体は 青竹を編んで ドーム型に作る。
a0061206_19484193.jpg


◆牛鬼は 宇和島を中心とする南予地方独特のもの。
牛鬼の頭は ちょっと見 おとろしそう(こわそう・恐ろしそう)な鬼面で
赤や緑色で塗られている。
a0061206_19581042.jpg
口は大きく開き 真っ赤な舌がカタカタと動くように 作られている。
子供用の牛鬼なら 長さ2~3メートル 大人用は 5~6メートル、幅3メートルの
かなり大きなものもある・
(左は カブリモノ)  








下の写真のように
全身を 茶色のしゅろの毛で 覆ったものが 昔ながらの牛鬼のように思う。
a0061206_1932724.jpg


真っ赤な布で覆った物も多く 牛鬼の胴体の中は 空洞なので
その中に十数人~ 2~30人が入って ねり歩く
a0061206_20285852.jpg


◆まつりでは ぶーぶー という竹笛の音とともに
牛鬼が 巨大な胴体(ドンガラ)に長い首をふりながら、ねり歩く姿は、
迫力もあり またユーモラスでもあり
      
『近頃はやりの怪獣などよりも、ずっと詩情豊かではないだろうか。』  と どこかのHPに載っていたが 
   うんうん そうかも・・・ と思う。    
by sakurahaha54 | 2006-07-26 18:27